スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク



スポンサードリンク


Bill Lawrence氏 80歳

Bill Lawrence氏が、3月24日に80歳の誕生日を迎えた。

彼が生まれた1931年(昭和6年)は、日本では実業家の渋沢栄一が亡くなり、高倉健、宇津井健、いかりや長介が生まれた年である。

西ドイツ(当時)生まれ。小さい頃から機械いじりに目覚め、電子回路の基礎を学ぶ。
プロのギタリストとしても活動し、その後エレキギターのピックアップ製作に携わるようになる。
渡米後はギターの改造ショップを開き、一時ディマジオ氏がいたことでも有名。またギブソン社でビックアップ開発も行った。
ロイ・ブキャナンやジョー・ペリーから厚い信頼と高い評価を得た。

その後、本格的にビックアップ製作を行うためローレンス・サウンド・リサーチ社を設立。彼のアイデアを具体化した、チョーキングをしても音切れが起こりにくいバータイプのピックアップや、ヴィンテージギターの音を再現するシリーズなど、ビックアップメーカーとしての地位を確立をして行く。

1980年代に入ると、品質の向上が著しい日本でオリジナルギターを発売すべく来日し、モリダイラ楽器と手を組む。松本のモーリス楽器にも技術指導で訪れている。

しかし1983年に日本で発売が開始されたビルローレンスブランドのギターは、彼の意に反しストラト系モデルだったため、彼はこのプロジェクトから離れた。

翌年、彼は米ビルローレンス社を去り、独自にビックアップの製作を行うようになる。
生まれ故郷の西ドイツ(当時)に戻ったビルは新ブランド「OBL」を立ち上げ、彼の独自のビックアップ理論は更に磨きがかかる。

1990年代に入るとアメリカに戻り、今の「Wilde」ブランドのベースとなるビックアップ作りをスタートさせる。

「BILL LAWRENCE」ブランドの商標や特許などで、Jzchak Wajcman氏のビルローレンスギタービックアップ社と係争があったようだ。

現在も精力的にビックアップ製作を行っており、特に「L-500」は今なお注目される名ビックアップである。

今後も末長く、ビルの理論を具体化したギターサウンドで、我々を魅了し続けてくれるだろう。
スポンサーサイト



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク


trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sam Jordan

Author:Sam Jordan
ビル・ローレンスの謎に迫るべく、極秘活動中。

最新記事
楽天広告
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。