スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク



スポンサードリンク


■L-500の見分け方

L500.jpg

 ビル・ローレンスの世界的に有名なピックアップはL-500だか、Wilde USA 、Bill Lawrence USAともに現行機種としてラインナップされている。
それぞれの時代や製作者などの違いにより何種類かのL-500が存在しており、大まかな見分け方は以下のとおりである。(但し、内容を保証するものではない。また組み合わせにより結果が異なる場合がある。) ブレードの形状、筐体の材質、ブランドのプリントなどで大体の特定が出来ると思うので参考にしていただきたい。

 ・ブレードの中央部が盛り上がっている →
    1979年から83年中頃に製作された、Bill Lawrence LSR。
 ・ブレードが細い →
    1983年中頃から84年のBill Lawrence LSR、または84年以降のBill Lawrence USA。
 ・ブレードが太く、本体裏側にネジ無し →
    1986年から1989年のOBLまたは、1989年から2006年までのby Bill Lawrence。
 ・ブレードが太く、本体裏側にネジ有り →
    2006年以降のby Bill Lawrence。
 ・クロムの筐体 →
    1984年までのBill Lawrence LSR、もしくは1984年以降のby Bill Lawrence。
 ・クロム以外の筐体 →
    1984年以降のBill Lawrence USAの全て、またはBill Lawrence LSRとby Bill Lawrenceのオプション設定品。
 ・本体裏側に"BILL LAWRENCE USA"の浮字 →
    83年以降のBill Lawrence LSRまたは、Bill Lawrence USA。
 ・本体表側に"Bill Lawrence U.S.A."のプリント →
    2002年以降のBill Lawrence USA。
 ・本体裏側に筆記体の"Bill Lawrence"ステッカー →
    1984年以降のby Bill Lawrence。
 ・エポキシ樹脂 →
    1990年~2002年までのBill Lawrence USA。

※用語解説
 LSR → Lawrence Sound Reserch社 (ビル・ローレンス氏在籍時)
 OBL → Original Bill Lawrence (ビル・ローレンス氏が1986年に西ドイツ(当時)で設立したメーカー。1989年閉鎖)
 Bill Lawrence USA → Bill Lawrence Guitar Pickup Company
 by Bill Lawrence → ビル・ローレンス氏。

<<参考文献>>
・billlawrence.com
・billlawrenceusa.com
・en.wikipedia.org/wiki/Bill_Lawrence_(guitar_maker)
・billlawrencereview.com
・moridaira.com
・washburn.com
スポンサーサイト



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク


テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sam Jordan

Author:Sam Jordan
ビル・ローレンスの謎に迫るべく、極秘活動中。

最新記事
楽天広告
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。