スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク



スポンサードリンク


■BC1D-57 (BC1DM-65)

BC1D-57.jpg

 1957年型ストラトをイメージしたBCシリーズの普及モデルと思われる。ヘッドには、"CHALLENGER 1D"とプリントされているので、比較的他もモデルと区別しやすい。またヘッド先端部には、"MODEL Black '57"の文字も入る。

  "BC1"のピックアップの基本スペックは、フロントとセンターがBlack Tracerで、リアのみBlack Label S3というスペックだが、この"BC1D"は、3つともBlack Tracerが搭載されているのが特徴。(例外として3つともBlack Label搭載モデルもあるようだ。)

 但し、80年代中頃の5万から10万クラスの国産モデルは、今では考えられないほど高品質な木材が使用されていることが多く、仮にBlack Tracer搭載モデルであっても、ピックアップと電気系アッセンブリーを交換すれば、驚くようなサウンドを醸し出す実力を隠し持っているかもしれない。

・Body: Alder or Ash
・Neck: Maple 21F
・Pickup: Black Label S1/S2/S3 or Black Tracer×3
・Contorol: 1Vol, 2Tone, 5waySW
・Bridge: Synchronized Tremolo
・Hardware: Chrome
・Color: 2TS/BLK/OLW/PW/NAT etc...

 <画像は、Yahoo!オークション、その他ウェブサイトからお借りしました。>

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ ブログランキング参加中。良い記事だったら、クリックお願いします。
スポンサーサイト



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク


テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

質問です

はじめまして、ビルローレンスを検索していてたどり着きました。

実は中古で手に入れたストラトモデルのヘッドに
CHALLENGER 1D
MODEL Black '57
と、あったのでどのようなモデルか調べていたのですが、ピックアップは外観上は3つとも同じに見えます。
3弦と4弦のポールピースの間に穴があいており、
ポールピースは平らです。
このピックアップがBlack Tracerというものなのでしょうか?

Re: 質問です

MKTさん。初めまして!こんばんは。
コメント書き込みありがとうございます。

さて、ご質問のピックアップですが、オリジナルであるという条件ならば、「ブラック・ラベル」だと思われます。[ブラック・トレーサー」は、1弦と2弦、3弦と4減、5弦と6弦のそれぞれの間に穴が空いています。
ブラックトレーサーの生音は聞いたことありませんが、意外と太い音がするようです。でも、ビルのストラトなら、やはり「ブラック・ラベル」でしょうね(笑)

これからも、よろしくお願いします!

ビル復活!?

こんにちわ、いつも大変興味深く拝見しています。
私もビルローレンスの魅力に引かれ、現在では20本以上も所有しております。
ほとんどがBCとBLシリーズですが、御邪魔でなければ今度私のコレクションを
載せてもらえないでしょうか?(すみません、完全に自己満足の世界ですが)

話は変わりますが、イケベの08'海外楽器フェアー(NAMMショー)の紹介サイト
があるのですが、そこにビルローレンスのブースがあり、ヨダレの出そうな
ストラトが陳列されているではありませんか!もしや復活(逆輸入?)の気配が・・・。
詳細が判る方おりましたら一報書き込み願います。
http://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/08namm-show/guitar5.html

Re:ビル復活!?

マーシャルじじいさん。コメントありがとうございます。
20本とは、スゴイ数集められましたね!
是非、写真お送りください!サイズは小さくなってしまうかもしれませんが、一挙大公開しますよ。
”bill_lawrence@@@mail.goo.ne.jp”(スパム対策のため@@@を半角@1つに変更してください)までお送りください。

イケベのNAMMショーレポートに載っているビルですが、たぶん日本への導入はないと思います。現在モリダイラ楽器はエレキギターから完全に撤退しており、写真のビル(Swanpkaster)は、韓国で木工加工してアメリカでビルドしているものです。モーリス製のビルのほうが品質は高いと思われます。

Re:ビル復活!?

返信有難う御座います。
20本と言っても的も弾けるのは、10本チョイです。
後はリペア依頼中や塗装前の剥離途中で外したパーツがバラバラに転がっています。
今度、時間のある時に清掃を行い、形になっている分だけでも画像を御送り致します。

NAMMショーのビルについて、情報有難う御座います。
やはりこの御時世ですのでコストダウンを強いられ、素材(材料)や精度などクオリティー
が下げられても仕方がないですよね。
もし仮に購入出来たとしても、当時のイメージでは無くガッカリするかも知れませんね。

その他、車が趣味でして、昨日オートサロン(改造車の展示会?)へ行って来ました。
中で「SHOW-YA」のライブイベントが有り、ギターとベースとも今だビルローレンスを使用して
いる。特に五十嵐美貴が弾いているBY1Eの蠍イレインが眩しく反射して印象的でした。
製造や契約がないのに長い間使い続けるのは、やはり体の一部になっているのでしょうか?
何だか判らないが、嬉しい気分になった。ずーっと続けて欲しいものだ。

Re:ビル復活!?

アメリカ版ビル・ローレンスギターのSwanpkasterですが、海外オークションサイト(http://www.sekaimon.com/)でたまに出品されていて400ドル位でゲットできそうですが、私には落札する勇気はありません(笑)。

オートサロン行かれたのですね。私がSHOW-YAを生で見たのは19年前のライブです。そのときも既にBY1Eを使用していたので、もう他のギターは使えないくらい体と一体化してしまっているのでしょうね(笑)。

ちなみに、現在は事情によりトヨタ車ユーザーですが、本当はnismo&IMPUL(星野)ファンです。
プロフィール

Sam Jordan

Author:Sam Jordan
ビル・ローレンスの謎に迫るべく、極秘活動中。

最新記事
楽天広告
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。